アコムの返済金額はいくら?アコムの金利と返済方法なら無理なく返せるでしょうか?

地方銀行在籍確認ナビ

お金が必要な方にお金を借りる方法教えます | 地方銀行在籍確認ナビでは、お金が必要な方に、職場や家族にバレずにお金を借りる方法をレクチャーしています。

アコムの返済金額はいくら?アコムの金利と返済方法なら無理なく返せるでしょうか?

アコムの月々の返済金額はいくらでしょうか?

大手消費者金融であるアコムは無利息キャッシングサービスや即日キャッシングなど、お金に困った時に便利にお得に借りることができる会社です。

すぐにでも現金が必要という方は、ぜひアコムでキャッシングをご利用しましょう!

さて、キャッシングをするうえで最も重要なのことは、返済を怠らないことです。

返済に問題がありますと、色々とペナルティが発生してしまうので、返済に関してはきちんとしていなければならないのです。

しかしながら、お金に困って借りようと考えている方にとっては月々の返済が高いとお困りになるかと思われます。

借りたお金を分割してゆっくりと返済していけるようなキャッシング会社がよろしいかと思われます。

便利にキャッシングができるアコムですが、毎月最低限返済しなければならない金額はいくらなのでしょうか?

アコムは最低返済額は低めに設定してあり、返済回数も31回まで分割することが可能です。

借入残高が5万円で最低返済額が3,000円、借入残高が10万円で5,000円となっていますのでかなり低めといえるでしょう。

これくらいの金額でしたらお金にお困りの方でも無理なく返済していくことが可能かと思われます。

そのため、アコムでしたら最初の方は最低返済額を返しつつ、お金に余裕が出てきたら多めに返済して早めに完済するなど柔軟な返済スケジュールを立てていくことが可能です。

お金に困ってキャッシングを検討してる方は、ぜひアコムをご利用ください。

プロミスも最低返済額が低めに設定しているため、返済スケジュールが自由に組み立てやすいキャッシング会社です。

プロミスでは借入残高が5万円の時に2,000円、借入残高10万円の時に4,000円とアコムより低額となっています。

しかしながら、ずっと最低返済額で返済していても完済は遅くなりますので、注意は必要です。

とはいえ、最低返済額が低額でしたらお金に困った時でも安心ですし、自分のペースで返済をしていくことが可能です。

よって、プロミスも返済していきやすいキャッシング会社ですので、キャッシングをご検討の方はぜひプロミスのご利用もご検討ください!

アコム

プロミス

imasia_15459256_XL

アコムの金利は無理なく返せる金利でしょうか?

アコムは消費者金融の中でもオーソドックスな金利設定となっています。

アコムの金利設定は借入が1万円〜100万円までですと4.70%〜18.00%、100万円〜500万円が4.70%〜15.00%となっています(2015年9月現在)。

この金利設定は消費者金融の中でも標準の金利設定ですので、皆さんが想像しているよりも無理なく返せる金利です。

さらに、アコムは最初の一ヶ月間の金利が無利息になる無利息キャッシングサービスが初回限定であります。

無利息キャッシングサービスもありますので、アコムでは無理なく返済していくことが可能となっております。

返済も安心して行うことが可能ですので、ぜひアコムでキャッシングをご利用ください!

あくまでも金利にこだわるというのでしたら、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』もオススメとなっています。

一般的に消費者金融より銀行カードローンの金利の方が低めに設定されており、バンクイックも例外ではありません。

バンクイックの金利設定は10万円〜100万円の借り入れ時ですと年12.6%〜14.6%と設定されています。

しかも、これ以降の100万円毎の借入の金利設定がさらに低くなっていきますので、非常にお得にキャッシングが可能といえるでしょう。

ただ、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』にはアコムのように無利息キャッシングサービスはありません。

とはいえ、総合的にみれば金利の面ではバンクイックに軍配が上がるといえるでしょう。

どちらもサービス面も優れている会社ですので、最終的には皆様のキャッシング目的次第といえるでしょう。

少しでもいいからすぐに現金を貸して欲しい、そんな理由でしたらアコムを利用してキャッシングをする。

高額なキャッシングを長期的に利用していきたい、そんな理由でしたらバンクイックでキャッシングをする。

このように、キャッシング目的によって、アコムか三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』かどちらかを使い分けてキャッシングをしていきましょう。

アコム

バンクイック

imasia_15270018_XL

アコムの返済方法なら無理なく返せますか?

アコムには便利な返済方法があり、いずれの返済方法も非常に便利となっていありますので、無理なく返済していくことが可能です。

こちらではアコムの返済方法について解説していきます。

まず、アコムではインターネット返済が便利となっています。

アコムではインターネット操作だけで皆様がご利用になっている口座からアコムに返済をすることが可能となっています。

インターネット返済でしたら土日・祝日、深夜を問わずいつでもスマートフォンやPCで自宅や会社からでも返済することが可能です。

便利なインターネット返済を使えば、毎月の返済も簡単に行えます。

また、全国に設置されているアコムのATMやアコムが提携しているATMでの返済も可能となっています。

いずれも全国各地に設置してあり、特にアコムは様々なコンビニATMと提携していますので、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどに設置されているATMで返済することが可能です。

以上のように、アコムは便利な返済システムが整っていますので、無理なく返済していくことが可能です!

返済についても便利で安心できますので、キャッシングをご検討している方はぜひアコムにお申し込みください!

アコム

imasia_11926178_XL

アコムの返済を怠るとどうなってしまうんですか?

皆様が返済に関して最も心配に思っていることは、返済を怠ってしまった際のペナルティかと思われます。

上記で紹介してきましたように、アコムは無理なく返済を行えるキャッシング会社ですのでそこまで心配することはないのです。

それでも、それでも筆者のように心配性の方にとってはアコムの返済を怠った時のペナルティーなどに関して知っておきたいという方が多いかと思われます。

こちらではアコムの返済を怠った際にどうなってしまうかについて紹介します。

さて、アコムの返済を怠ってしまいますと、延滞金を取られてしまいます。

これは別にアコムに限った話ではなく、キャッシング会社はどこでも延滞金をとっています。

レンタルビデオ店だって延滞金を取るのですから、別にこれは珍しいことではないでしょう。

アコムで返済を延滞し続けると、利用停止ということになってしまう可能性があります。

また、返済の延滞がありますと皆様に事故情報(キャッシング会社の返済を延滞したという情報)がついてしまうので、他のキャッシング会社も利用できなくなります。

こうなってしまうと、お金に困った時もキャッシングがしばらくは利用できなくなってしまいます。

そして、これもアコムに限った話ではなく、どのキャッシング会社でも同じことです。

やはり、キャッシング会社への返済は絶対に延滞しないようにしましょう!

消費者金融アコムでしたら、返済日が近づくとメールでお知らせしてくれるサービスも実施していますので、返済をうっかり忘れないようになっています。

また、会員ページでいつでも返済日を確認することもできますので、アコムへの返済を忘れずに行うことも可能です。

このように、アコムは返済を忘れてしまわないようにするサービスに関しても充実していますので、安心して利用することが可能です。

返済の延滞した際の処遇が心配で仕方ないという方でもアコムでしたらサポートシステムが充実していますので、ぜひアコムでキャッシングをご利用ください!

返済に関するサポートシステムでしたら、消費者金融モビットも充実していますので、安心してキャッシングすることが可能です。

モビットも返済日が近づくとメールしてくれるサービスがありますし、会員ページ『Myモビ』で返済日をいつでも確認することができます。

また、『Myモビ』では返済スケジュールをシミュレーションする機能も付いていますので、返済スケジュールの管理もしやすくなっています。

モビットも返済に関するサポートシステムが充実していて安心して利用できますので、ぜひモビットのご利用もご検討ください!

以上で説明してきましたように、キャッシングをすれば必ずすることになる「返済」に関して、アコムは様々な利点があります。

アコムと同じくプロミス、モビット、バンクイックにもそれぞれ返済が便利に行えるサービスが充実しています。

返済が簡単に行えて安心なキャッシング会社をご所望でしたらぜひアコム、プロミス、モビット、バンクイックでキャッシングしましょう!

アコム

プロミス

モビット

バンクイック

imasia_11047188_XL

※モビットの即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※モビットはアルバイト、パート、自営業、学生の方も借り入れできますが、その際は安定した収入があることが条件となります。

 

消費者金融の返済を解説   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る