知っておきたい住宅ローン借り換えのメリット・デメリット。審査の条件・注意点をチェックしておきましょう!

地方銀行在籍確認ナビ

お金が必要な方にお金を借りる方法教えます | 地方銀行在籍確認ナビでは、お金が必要な方に、職場や家族にバレずにお金を借りる方法をレクチャーしています。

知っておきたい住宅ローン借り換えのメリット・デメリット。審査の条件・注意点をチェックしておきましょう!

住宅ローンの支払いなど出費の多い時期に一枚持っていると心強い人気のカードローン一覧

休日や深夜でもすぐにお金が借りることができる消費者金融アコム!

アコム

周囲の人にバレずにWEB操作で現金を借りることができる消費者金融モビット!

モビット

金利の低さ・即日キャッシング可能・提携ATM無料とお得で便利な三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』!

バンクイック

住宅ローンの借り換えのメリットは何ですか?

住宅ローンは借入額が1000万円単位の高額な取引になることも多くなっています。

また、返済年数に関しても30年以上かけて行うこともありますので、人生の中で長い付き合いとなってくるローンとなります。

そのため、返済の支払いなども日々の生活に大きく影響を与えてくるのです。

ローン返済などで生活が苦しくなった場合は、とりあえず上記で紹介したような消費者金融・銀行カードローンなどを利用していくとよろしいでしょう。

ですが、住宅ローンの返済は長期間にわたりますので、ローン利用だけではなく、借り換えなどをして返済負担を減らしていくこともオススメします。

住宅ローンは高額なローンですので、金利が1%違うだけでも月々の返済額が1万円以上負担が軽くなってくるということも珍しくありません。

毎月の返済負担が1万円以上変わってくれば、返済負担も大分軽くなることでしょう。

また、住宅ローンを固定金利で借りているという方は、変動金利の銀行に借り換えることで大幅に金利が低くなることも考えられます。

以上で説明しましたように、銀行を変えるだけで返済の負担は随分と軽減されることもあるのです。

住宅ローンの借り換えはこのように大きなメリットがありますので、毎月の返済負担が厳しく感じている方はぜひ借り換えましょう。

住宅ローンを借り換える際に、返済期限が長い銀行に借り換えすれば、毎月の返済額を減らすこともできます。

もちろん、完済するまでの時間は長くなってしまいますが、延長することで毎月の負担は減るのです。

ローンを利用し始めた頃は給与はまだ低いかもしれませんが、将来的に昇給していく見込みがある方や、退職金で返済する見込みがある方は、とりあえず返済を先延ばしにするというのもよろしいでしょう。

給与が低い時の負担を減らし、給与が高くなってきた段階で返済をしていくといった返済もしていけるようになります。

住宅ローンの借り換えをすることで現時点での返済の負担を少しでも減らすことができるというメリットがありますので、ぜひ借り換えをご検討ください。

imasia_10003054_XL

住宅ローンの借り換えのデメリットは何ですか?

住宅ローンの借り換えのメリットについては説明しましたが、借り換えローンにはデメリットもあります。

高額なローンとなりますので、デメリット面もしっかりと理解した上でお申込みをご検討ください。

先ほど説明しましたように、住宅ローンを借り換えて返済期限を延長すれば現時点での返済の負担を先延ばしにする形で軽減できます。

また、金利の低い銀行に借り換えることができれば、返済額を百万円単位で減額することも可能でしょう。

しかしながら、返済額を減らせたり、現時点での返済の負担が軽減できても、ローンの支払いが全くなくなるというわけでは当然ありません。

毎月のように返済するということ自体はこれからも続きますし、先延ばしにした分返済期間も長くなります。

返済期間が長くなれば元金が残っているということですので、その分利息が発生することになりますから、延長しすぎると結局利息負担が大きくなるなんてこともあります。

また、退職金などを当てにして延長するというのもこのご時世ですと少し不安が残ります。

急なトラブルなどで退職金が手に入らなかったり、働けなくなって収入が得ることができなくなる可能性もあります。

そうなりますと、先延ばしにした分、高齢になってからしわ寄せがくることになりますが、これはかなり危険です。

当然、先延ばしにすれば利息負担の総額は増えることになりますので、返済が不可能になる恐れもあります。

住宅ローンの返済が不可能になってしまった場合、最悪、住宅を手放さなければならないこともあるのです。

このように、先延ばしにすることによるリスクがあるという点が住宅ローン借り換えのデメリットとなります。

imasia_10003068_XL

そもそも、なぜ住宅ローンの借り換えが必要となるのでしょうか?

なぜせっかく契約した銀行から他の銀行に住宅ローンを借り換える必要があるのでしょうか。

住宅ローンを利用し始めた頃にすでに説明を受けているかもしれませんが、住宅ローンの金利には複数のタイプがあるのです。

住宅ローンには変動金利制と固定金利制の二種類があります。

皆様もどちらかの金利プランを選んだと思われますが、変動金利性はその名の通り、金利が変動していきます。

また、固定金利制も10年プランでしたら10年後からは変動金利制となります。

つまり、住宅ローンの金利というのは契約時に設定した金利からどんどん変化していくものなのです。

そのタイプごとによって、金利に差が生まれたりすることもあるため、借り換えをすることでお得になるケースもあります。

近年では、日本の金融政策などによって金利が大幅に変わることが予想されているようです。

以上のように、住宅ローンのような高額ローンではわずかな金利の差でも大幅にお得になることもありますので、借り換えを検討してみるのがオススメです。

また、冒頭でも説明しましたように、返済期限などを延長すれば、現時点での返済の負担を減らすことが可能となります。

生活費などをカードローンなどで借りるのもよろしいですが、長期的な目でみれば借り換えをして返済の負担を減らすのもオススメです。

もちろん、借り換えで返済の負担を減らしつつ、使い道自由なカードローンを利用していけばさらに生活を支えていくことが可能となります。

以上のように、金利の変動によってお得になる可能性や、現時点での返済の負担を軽減できるといった点で住宅ローンの借り換えは大きな意味を持っています。

必須というわけではありませんが、住宅ローンを借り換えることでお得になることもありますので、ぜひ借り換えを検討してみましょう。

imasia_10003050_XL

住宅ローンの借り換えをするとメリットが得られる条件とは?

こちらでは住宅ローンの借り換えをするとメリットが得られる条件について2つのポイントを解説します。

◯現時点で利用している銀行よりも金利が低いこと

当然のことですが、現時点で利用している銀行より金利が高い銀行に借り換えても何の意味もありません。

稀に「あの銀行は将来すごく金利が低くなるよ」なんていうデタラメな情報がインターネットで見られますが信用してはなりません。

将来的に金利がどう変動していくかは誰にもわからないことですので、安易にそういった情報を信じないようにしましょう。

少なくとも、現時点で利用している銀行よりも金利が低ければ借り換えをするうえでメリットがあると判断できます。

例え僅かな差であっても、数百万円変わったなんてケースもありますので、少しでも金利の低い銀行に借り換えを申込みましょう。

◯借り入れ残高が高額で、返済期限も10年以上あること

後ほど説明しますが、住宅ローンの借り換えには手数料などがかかります。

そのため、借り入れ残高や返済期限がそれほど残っていないというのでしたら、そのまま現時点で利用している銀行で完済してしまいましょう。

住宅ローンの借り換えをしたいのでしたら、最低でも借り入れ残高は1000万円以上、返済期限は10年以上ある方が借り換えを検討してください。

借り入れ残高が1000万円以下、返済期限が10年以下という方が借り換えをしても大してメリットはありません。

むしろ保証料や手数料などが無駄になってしまいますので、それぞれの条件を満たしている方以外の方は借り換えをしないほうが無難です。

住宅ローンの借り換えにかかる費用はどのくらい?

上記でも述べましたが、住宅ローンの借り換えには保証料など費用がかかってきます。

そのため、あまり借り入れ残高が低く、借り換えをしても得にならないとなりますと、この手数料の負担のほうが大きくなってしまう可能性もあります。

こちらでは住宅ローンの借り換えにかかる費用の目安について解説しますので、ご自身の状況と照らし合わせてみてください。

住宅ローンの借り換えにかかる費用はそれぞれ、保証料、保証事務の手数料、司法書士料、抵当権の設定に関する費用、印紙代の5つです。

保証料とは、銀行に保証してもらうための費用で、借入残高の2%程度となります、そしてその保証事務の手数料がおよそ3万円程度かかります。

さらに司法書士に抵当権などを設定を頼む必要があるため、司法書士におよそ5万円、抵当権の設定に借入残高の0.4%、印紙代として2万円程度が必要です。

実際に2000万円の借入残高の住宅ローンを他の銀行に借り換えると生じてくる料金について計算してみました。

保証料→2000万円の2%=40万円
抵当権設定→2000万円の0.4%=8万円

40万円(保証料)+3万円(保証事務の手数料)+5万円(司法書士依頼料)+8万円(抵当権の設定に関する費用)+2万円(印紙代)=58万円となります。

これはあくまでおおよその目安なのですが、2000万円の借り換えをすると58万円と結構な手数料がかかることになります。

ですが、金利に差があって借り換えをすることで数百万円の差が出るということでしたら、借り換えを検討する必要があるといえるでしょう。

その反面58万円以上の利益が見込めない借り換えでしたら、得に借り換えるメリットはないことになります。

こちらでは2000万円の借入残高で計算してみましたが、皆様もご自身の利用上に併せて借り換えをするか検討してみてください。

imasia_10003046_XL

住宅ローンの借り換えの審査基準は?審査が甘い、緩い住宅ローンはありますか?

住宅ローンの借り換えは1000万円単位の金額の審査になるケースが多いです。

もちろん、金額がかなり高額なため、審査基準はかなり厳しめに設定されており、審査が甘い、緩い住宅ローンはありません。

例としてメガバンクであるみずほ銀行の借り換え住宅ローンの利用条件を下記に記載してみました。

みずほ借り換え住宅ローン利用条件
・20歳以上71歳未満(最終返済時の年齢が81歳未満)
・みずほ銀行が契約する生命保険会社の団体信用生命保険に加入できること
・安定した収入があること
・現在借り入れ中の住宅ローンに延滞がないこと
・保証会社の保証が受けられること
・日本国籍であること、もしくは永住許可などをうけている外国人であること

以上のように審査基準は厳しい内容になっております。

とりあえずこの中では「安定した収入」と「住宅ローンに延滞がない」という2点は普段から気をつけていれば条件を満たすことができるでしょう。

審査では利用条件が満たせているかについて確認されていますので、ぜひ条件を確認のうえお申し込みください。

imasia_9993034_XL

住宅ローンの借り換え審査に通らない場合は?

住宅ローンの借り換え審査はかなり厳しく行われていますので、審査に通過できないこともあります。

そういった場合は収入をより安定させたり、返済の延滞をしないようにすることを継続した上で、再度申し込みを検討してみましょう。

また、借り換え先を変更することもお勧めです。

ご自身に適した他の銀行があるかもしれませんので、住宅ローン相談会などにも参加したりして、申し込む会社の変更もご検討ください。

また、借り換え審査に通過できなかった場合は、現時点で住宅ローンを利用している銀行に、金利の引き下げなどを打診してみてはいかがでしょうか。

もちろん簡単には引き下げには応じてくれるわけではありませんが、利用状況が良好でしたらもしかしたら、なんてこともあるかもしれません。

imasia_9993002_XL

出費が重なって住宅ローンの返済に困っているときはどうすればいいでしょうか?

住宅ローンは返済を延滞するとかなり不利な立場に立たされるローンでもあります。

借り換え審査にも住宅ローンを延滞すると審査に通過できなくなってしまうのです。

そのため、絶対に住宅ローンの返済は延滞しないように気をつけていきましょう。

住宅ローンの返済が間に合わないという場合は、生活に必要なお金を消費者金融や銀行のカードローンを利用して借りましょう。

消費者金融のアコムは30日間の無利息期間があり、1時間で借り入れが可能になるというサービス面で優れている会社です。

生活費のために1万円、2万円、3万円、4万円、5万円といった金額でもすぐに借りたいという方にオススメの会社ですので、アコムの利用をぜひご検討ください。

アコム

金利が低くATM手数料も無料な三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』でしたらお得に現金を借りることができます。

銀行というと審査が長くすぐに借りられないイメージをお持ちの方も多いと思われますがカードローンのバンクイックでしたら最短即日で借入可能です。

カードローン利用時のATM手数料もかからないため、非常にお得です。

住宅ローンの返済を延滞させないためにも、ぜひ三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』のご利用も検討してください。

バンクイック

imasia_9992969_XL

※モビットの即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※モビットはアルバイト、パート、自営業、学生の方も借り入れできますが、その際は安定した収入があることが条件となります。

 

住宅ローン   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る