地方銀行在籍確認ナビ

お金が必要な方にお金を借りる方法教えます | 地方銀行在籍確認ナビでは、お金が必要な方に、職場や家族にバレずにお金を借りる方法をレクチャーしています。

低金利、鹿児島銀行『かぎんカードローン』の審査の在籍確認は勤務先への電話連絡なし?増額は可能?

かぎん(鹿児島銀行)カードローンは低金利で増額可能?審査の在籍確認は電話連絡なしでしょうか?

鹿児島県を中心に運営されている鹿児島銀行。
その鹿児島銀行が取り扱っている『かぎんカードローン』は低金利が強みの銀行カードローンです。

かぎんカードローンの審査の在籍確認は勤務先への電話連絡で行われます。在籍確認は基本的に勤務先への電話連絡であり、申し込む側の都合で在籍確認の方法を変更したりなくしたりすることはできません。

何故勤務先への電話連絡が必須かと言うと、この方法が申し込み者に返済能力があるかどうかを調べるのに適しているからです。その詳しい理由については後半の記事でご説明させていただきます。

では、どうしても勤務先への電話連絡をなしにしたい場合はどうすればいいのでしょうか?
そういう時は、モビットのWEB完結申し込みが非常に便利です!

モビット

モビットのWEB完結申し込みの最大の特徴は、審査時に勤務先への電話連絡がないこと、自宅への郵送物の配送もないことです!
現在のところ、この2つの条件を兼ね備えたカードローンはモビットのWEB完結申し込みのみとなっています!

何故モビットのWEB完結申し込みなら審査の際に勤務先への電話連絡をなくせるのでしょうか?
それは、モビットのWEB完結申し込みには本人確認書類に加え、いくつかの書類と条件を満たしていることが必須だからです。

まず、必要な書類は大まかに分けると以下の4つとなります。

①本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)
②現在の収入を証明できる書類(所得証明書や源泉徴収票など。直近2ヶ月分の給与明細書と直近1回分の賞与明細書でもOK!)
③直近1ヶ月分の給与明細書(②で給与明細書を提出している場合は不要)
④健康保険証(組合保険証や国民健康保険証など)

これらは全て原本ではなく写しでOKです。
まず、上に挙げた①~④の書類を用意できなければモビットのWEB完結申し込みの審査に通ることはできません。

次に必要なことは、本人名義の三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っており、いずれかの銀行口座をキャッシングに利用できることです。

モビットのWEB完結申し込みは銀行振込のみに対応しており、キャッシュカードの発行はありません。また、明細書が書面として発行されることもありません。
そのため、モビットのWEB完結申し込みなら自宅への郵送物の配送をなくすことができるのです!

銀行振込は電話やスマートフォン、インターネットから24時間365日申し込むことが可能なので大変便利です!(ただしメンテナンスのため毎週月曜日0:00~7:00の間はサービス停止)
カードがなかったとしても、お金が欲しいその時にスピーディーに対応してくれるのは嬉しいですね!

もう一つおススメのカードローンは、アコムです!
アコムは初めて利用する場合、融資限度額の大小に関わらず最大30日間金利をゼロ円にできるサービスを行っています!
これを利用すれば、低金利が強みの『かぎんカードローン』よりも、金利を抑えて借り入れすることが可能です!

アコム

また、融資限度額の増額についても『かぎんカードローン』よりもモビットやアコムの方が対応してくれる可能性が高いです!
その理由については、後半の記事の最初でご説明させていただきますので、どうぞそちらの記事もご覧下さい!

鹿児島銀行『かぎんカードローン』の審査基準と在籍確認について教えて!増額審査は厳しいのでしょうか?

前半の記事の最後で、融資限度額の増額を希望するのなら鹿児島銀行『かぎんカードローン』よりも、消費者金融大手のモビットやアコムが適していることをご説明させていただきました。
では、何故『かぎんカードローン』の方が増額審査は厳しくなるのでしょうか?

その理由は、『かぎんカードローン』の融資限度額は10万円単位で決定されているからです。
10万円単位という高額で融資限度額が決定されるため、少々の年収の増加やキャッシング状況が優良であるといった、審査にプラスに働く情報も増額に結びつけることは難しくなっています。

それに、融資限度額の増額についても鹿児島銀行側から提案されることも基本的にはないため、再審査を希望してもそれが有効なのか無駄なのかは、自分から動いてみるまで分かりません。

一方、モビットやアコムの場合ですと、融資限度額は最低1万円からの1万円単位で決定されており、年収の増額やキャッシング状況などが増額に反映されやすくなっています!

増額についても、再審査で増額の見込みが高くなる場合はモビットやアコムから随時連絡が届きますので、増額のタイミングをこちらで逐一チェックしなくても、増額のチャンスをカードローン会社の方から教えてくれます!
もちろん、増額を希望しない場合はそのままでもOKです!

ただし、モビットやアコムといった消費者金融は改正賃金業法による総量規制の対象となるため、申し込み者本人の年収の3分の1以上の増額はできませんので、その点はご注意下さい。

次に、『かぎんカードローン』を含めた一般的なカードローンの審査基準と在籍確認の方法についてご説明します。
審査基準としては、まず貸付条件の対象者となっていることです。

基本的に絶対必要な条件として挙げられるのは、満20歳以上であることです。何歳までならOKという基準は各金融機関によって様々ですが、『かぎんカードローン』の場合は満65歳以下であることが必須となっています。

次に必要な条件は、安定した収入を得ているかということです。この安定した収入とは、要は働いて給料を得ているか、ということであり、宝くじや他社カードローンのキャッシングなどといった臨時収入は安定した収入とは見なされません。

他に大切なことは、過去そして現在のキャッシング状況です。他社カートローンの借り入れ状況はもちろん、過去のクレジットカードの支払いについてもチェックされます。
これらの情報は個人信用情報と呼ばれ、各金融機関で共有される情報となっています。そのため、たとえ申し込み時に他社で借り入れていることを隠していたとしても、ほぼ確実にその情報はバレると思って下さい。また、同時にキャッシングの申し込みを行っていることもマイナス要因として働きますので、カードローンに申し込む場合、少なくとも審査結果が出るまでは他社で申し込みをすることは控えた方がいいでしょう。

そして、審査で最も重要な項目の一つが在籍確認です。
在籍確認とは、申し込み者に安定した収入源があること・返済能力を有する誠実な人物であるかどうかを調べるために行っています。
もし、申し込み時に年収や勤務先について嘘をついていた場合でも、この在籍確認で一発でバレてしまいます。なので、たとえ年収が低くても、正直に申請している方がプラスになります。

在籍確認について多くの金融機関が取り入れているのが勤務先への電話連絡です。
これなら、申し込み者に安定した収入があることも調べられ、わざわざ担当者が直接勤務先へ出向き調査するという手間も省けるからです。

原則として、担当者は電話連絡の際個人名のみを名乗り、金融機関名やカードローンについて話すことはありません。
また、申し込み者本人が電話に出られなくても「不在」「席を外している」といったワードから、在籍確認は認められる場合が多いです。だから、在籍確認の電話連絡で一発で会社の人にカードローンのことがバレるといった心配はありません。

もし、どうしても勤務先への電話連絡をなくしたい場合は、モビットのWEB完結申し込みがおススメです!

また、金利を低く抑えたい場合は無利息期間のあるアコムもおススメです!

即日融資についてもモビットやアコムの方がスピーディーに対応してくれますので、すぐにお金が必要な方ならこの2社を利用されることを強くおススメ致します!

※モビットの即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※モビットはアルバイト、パート、自営業、学生の方も借り入れできますが、その際は安定した収入があることが条件となります。

 

鹿児島銀行カードローン   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る