銀行のペットローンの審査と金利について

地方銀行在籍確認ナビ

お金が必要な方にお金を借りる方法教えます | 地方銀行在籍確認ナビでは、お金が必要な方に、職場や家族にバレずにお金を借りる方法をレクチャーしています。

銀行のペットローンの審査基準と金利。犬をローンで買うときの5つのポイント

たまたま通りかかったペットショップの店頭で、可愛い子猫や子犬に一目ぼれ。
こんなことって、ありますよね。

まるで「私を連れて帰って」と言われているような気がして、その場から動けなくなってしまう。
是非ともこの子を連れて帰りたい。
でも、そういえば今お金が無かったんだった・・・。

こんなとき、あなたならどうしますか?

お金が無いんだから泣く泣く諦めるしか方法がないでしょう?と思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。
実はこのような時のために、というものがあるのです!
今回の記事では、犬などのペットをローンで買うときの5つのポイントを紹介します。

1、犬などをローンで買うときは銀行のペットローンを選ぶのもアリ!

ペットをローンで買う?!
本当にそんなローンあるの? と思った方もいらっしゃるでしょう。

猫や犬の中には、種類によっては数十万、百万円以上などという高価なものもいます。
その金額をまとめてポンと払うのは、難しいこともあるでしょう。
場合によっては、車を買うくらいの金額がかかることもありますよね。

車をローンで買うのは普通の事ですから、高額の費用が掛かるペットの購入専用のローンがあっても、不思議ではないはずです。

ペットショップでペットローンを組めることもありますが、銀行でもペットローンを扱っているところがあります。
やはりローンといえば、銀行の方が安心感がありますよね!

ペットを飼いたいけれどお金が無くてなかなか実行に移せない、ペットショップで見かけた猫や犬に一目ぼれをしてしまった、などという方は、銀行のペットローンの利用を検討してみるのも良いのではないでしょうか。

2、ペットローンの金利の相場はいくら?

ペットローンを扱っている銀行は、まだそう多くはありません。
しかし、一部の銀行では、ペットローンを取り扱っているところがあります。

たとえば、スルガ銀行では、ペットローンを取り扱っています。
その名も、スルガ銀行目的ローン『リザーブドプランプラス』。

消費者金融などの通常のローンの上限金利は18%くらいのところが多くなっていますが、スルガ銀行の目的ローン『リザーブドプランプラス』は、銀行のローンサービスなので、安い金利で利用ができます。

ちなみに、ローンは、借入金額が多いほど安い金利が適用されるので、高額のペットの場合には、ペットローンを利用することによって、かなり金利を抑えることができそうですね。

やはり、ペットを購入するときは、ペットローンを使った方がいいかと思います。
ただ、銀行カードローンについても、金利の低さでは負けていません。
犬などをローンで買うときは、金利をよく比較してローン選びをすると、その後の支払いも安心してできますよ。

3、ペットローンの審査基準は甘いか厳しいか

銀行のペットローンは、消費者金融のペットローンよりも金利がさらに安いです。

銀行のペットローンを利用してみたいと思った方は、その審査基準が甘いのか、厳しいのかについて気になったのではないでしょうか。

結論から言えば、ペットローンとはいえやはり銀行のローンですから、審査はそれなりに厳しいと思っておいたほうが良いでしょう。

特に、すでに他の金融機関で借り入れがある方は要注意です。
銀行や消費者金融などの金融機関で借り入れをしているという情報は、信用情報機関というところに登録されており、ペットローンの審査の際には必ず参考にされます。
他で借り入れをしているという事実を隠す方法はありません。

複数の金融機関で借り入れをしているとさらに印象が悪くなりますから、審査に通るのは厳しい可能性があります。

また、安定した収入が無い場合にも審査に通りにくくなるでしょう。

とはいえ、銀行のペットローンの審査は比較的時間もかかりますが、やはり金利が安いというメリットがありますし、何よりも、銀行で借りているのだ、という安心感があります。
お得に安全にペットローンを利用したいという方は、多少時審査に間がかかっても銀行のペットローンを選ぶことをおすすめします。

4、学生・無職はペットローンは利用できる?審査が通らない人の特徴

無職だけど、学生だけどペットローンを利用したい!
そのような方もいらっしゃるのではないでしょうか。
無職の方、学生さんはペットローンの審査に通るのでしょうか。

結論から申し上げると、無職の方はペットローンの審査に通るのは厳しいと思ったほうが良いでしょう。
ローンを組むとき、お金を借りる時には「安定した収入があること」というのが条件になっているからです。

学生さんの場合は、そのペットローンによって審査に通る場合と通らない場合があるでしょう。学生さんでも審査に通るペットローンもあります。

ただし全ての学生さんが審査に通るわけではなく、アルバイトなどで毎月安定した収入を得ていることが前提となります。

また、年齢制限が20歳以上というペットローンが多くなっていますので、20歳になっていない学生さんは、アルバイトなどで安定した収入があってもペットローンの審査には通らないと思っておきましょう。

ペットローンの審査に通らない人の特徴としては

・安定した収入が無い(無職の方)
・年齢の条件を満たしていない
・他の複数の金融機関から借り入れがある(多重債務者)
・自己破産などの債務整理をした
・クレジットカードなどで長期の延滞をしたことがある

などが挙げられます。

5、ペットショップの分割払いとどちらが得か

犬や猫などのペットを購入する時に、ローンを組んで分割払いで支払いができるペットショップもあります。

ペットショップでかわいいペットを前にすると気持ちも舞い上がりがちですし、もう、ここで今すぐ申し込んじゃおう!という気持ちになってしまうことも多いですが、ちょっと待ってください。

ペットショップで組める分割払いのローンの場合、ローン会社への手数料などが取られることもあります。
そのうえ金利は高いことが多くなっています。

早くペットを迎え入れたい!という気持ちになっていると、冷静な判断をするのが難しくなってしまうことがあります。
しかし先々の支払いの事を考えると、やはり銀行のペットローンを利用した方が金利も安くてお得になることが多いです。
ここはちょっと冷静になり、金利の安い銀行のペットローンの利用も検討してみましょう。

あらかじめペットを飼うつもりで探しているという方は、日ごろから銀行のペットローンについて調べて比較検討しておくと良いかもしれません。

ペットを購入したいペットショップが決まっているならば、そのショップのホームページなどを見てみましょう。
そこに、分割払いについての説明が書かれている場合もあります。
銀行のペットローンを利用した場合とどちらがお得になるか、実際にシュミレーションしておくと良いのではないでしょうか。

※モビットの即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※モビットはアルバイト、パート、自営業、学生の方も借り入れできますが、その際は安定した収入があることが条件となります。

 

タグ :  

ペットローンの基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る