リボ払いの過払い金って返還請求できる?計算方法も解説

テレビやラジオのCMなどでよく聞く「過払い金」という言葉。過払い金とは、過去に払いすぎてしまった利息の事を言います。

もしかしたら自分にも過払い金があるかもしれないと思っている方もいらっしゃると思います。
過払い金については「リボ払いは対象になる?ショッピング枠はどうなるの?」などさまざまな疑問がある事でしょう。

そこでこちらでは、リボ払いの過払い金は返還請求できるのか?という疑問や、過払い金の計算方法などについてお話していきたいと思います。

そもそも「過払い金」はなぜ発生するの?


ご自分に過払い金があるのか、あるとしたらいくらなのか。
そして自分の過払い金は返還請求できるものなのか。皆さんが一番知りたいのはこれらのことではないでしょうか。

そのためにはまず、過払い金の発生する条件を知っておかなければなりません。
そもそも過払い金とはどんなものなのか、どのような人が過払い金返還請求の対象となるのかについてご説明していきましょう。

過払い金とは?

貸金業法が改正する前には、「利息制限法」の上限(20.0%)より高い金利を取っている業者がありました。
なぜ利息制限法の上限金利法より高い金利を取っていたかというと、「出資法」の上限金利が29.2%だったためです。

利息制限法を違反しても特に罰則なども無かったため、一部の貸金業者は出資法の上限金利である29.2%に近い金利を取っていたのです。
この20.0%から29.2%の間の金利は「グレーゾーン金利」と呼ばれています。

さらに、貸金業法の「みなし弁済」(債務者側が納得の上で利息を払ったなどの条件を満たしている場合に、利息制限法の上限を超える金利で貸し付けをしても違法にはならないという決まり)による利息の払い過ぎも発生しています。

2010年6月からは出資法の上限金利も20.0%に改正されており、みなし弁済も廃止になりました。
これにより、利息制限法の上限金利20.0%を超える金利での貸し付けはできなくなったのです。

ここで「じゃあ、すでに余分に払わされていた利息はどうなるの?」という疑問を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
過払い金というのは、まさにその「すでに余分に払いすぎてしまった利息」のことなのです。

過払い金の返還請求ができるのはどんな人?

改正貸金業法は平成22年(2010年)6月18日に施行され、それ以来は過払い金が発生することは無くなりました。
逆に言えば、2010年6月17日より前に借入を開始した方の場合には、過払い金が発生している可能性があるということになるのです!

ただし、2010年6月17日以前に借入をしたからと言って必ず過払い金が発生しているとは限りません。もともと利息制限法の金利を守って貸し付けを行っていた業者もありますから、その場合には過払い金は発生しません。

過払い金は10年以上経過していると返還請求できない?!

実は、この過払い金には「消滅時効」があります。
貸金業者との最後の取引から10年が経過してしまうと、時効が成立してしまって過払い金請求ができない可能性があります。

2010年6月17日以前に借入を行っているという方は、なるべく早く過払い金返還請求をする必要があるでしょう。

目次に戻る

リボ払いの過払い金の計算方法は?


リボ払いで過払い金が発生しているかどうか。

それを知るためには「引き直し計算」をする必要があります。
引き直し計算をするためには、貸金業者との取引履歴が必要となってきます。

まずは取引履歴を取り寄せよう

過払い金の引き直し計算をするためには、取引履歴が必要です。
取引履歴には、何%の金利で、いつ、いくら借り入れを行ったかなどが書かれています。

取引履歴は、取引開始当初のものからすべて取り寄せるようにしましょう。
各貸金業者によって取り寄せの手続き方法が違う場合がありますから、まずは貸金業者に請求方法を電話で問い合わせると良いですね。

このとき、貸金業者側が過払い金に関しての和解提案をして来ることがあるようですが、実際に発生している過払い金よりも低い金額を提案されることも多いため、安易に応じないようにしましょう。
まずは取引履歴をもとに、計算をしてみてから決める方が良いですね。

実際に引き直し計算をしてみよう

利息制限法の上限金利は、借入金額が10万円未満の場合には年20%、10万円以上100万円未満の場合には年18%、100万円以上の場合には年15%までとなっています。
この金利よりも高い金利で借り入れをしていた場合、その分が過払い金となります。

たとえば、過去に100万円を年29%の金利で借りていたとしましょう。
その場合、1年間の利息は29万円となります。
しかし実際には、100万円以上の借り入れの場合には年15%までが上限となるため、1年間の利息は15万円にならないといけません。
その差額が過払い金なのですが、キャッシングの場合には一度借りたらあとは残高が減っていくだけというわけではなく、また借り入れを行い、完済しないうちにまた次の借り入れを・・・などというケースも多いですよね。
ですから、計算は複雑になってしまいがちです。

過払い金の引き直し計算を自分で行う場合、多くの方は専用のソフトを使っています。

これならば、先ほどお話した「取引履歴」を元に入力していけば良いだけなので、計算に慣れていない方でも手軽に行うことができるでしょう。
インターネット上ではエクセルを使って引き直し計算ができるソフトが無料で見つかりますので、そちらを利用するのがおすすめです。外山式、名古屋式などの計算方法があります。

目次に戻る

リボ払いの過払い金は返還してもらえるの?


過払い金請求をすれば過払い金を返還してもらえますが、貸金業者側が、実際の過払い金の金額よりも低い金額を提示してくることもあるようです。

そのような場合には、貸金業者と交渉を行うことも必要となってきます。
それでも和解ができなかった場合には、過払い金請求訴訟を起こすことになるでしょう。

過払い金の請求方法について見ていきましょう。

リボ払いで過払い金が発生している場合には返還請求をしよう

リボ払いで過払い金がある場合には、貸金業者に対して過払い金の返還請求を行います。
取引履歴を取り寄せて引き直し計算をし、その結果に基づいて貸金業者に対して「過払い金請求書」を送りましょう。

過払い金請求書の文面に関してはインターネット上などで例文を見つけることができますから、それを参考にするのが良いでしょう。

貸金業者が過払い金請求にきちんと応じてくれれば問題ありませんが、なかには実際よりもかなり低い金額で和解に持ち込もうとする業者もあります。
そのような場合には交渉を行うことになりますが、それでも納得のいく結果が得られなければ、最終的に過払い金返還請求訴訟を起こさなければならないケースも出てくるでしょう。

こうなってくると、素人一人で過払い金返還請求を行うのは困難になってきますよね。
過払い金返還請求は、弁護士や司法書士などの専門家に依頼をした方が確実です。

目次に戻る

リボ払いの過払い金、クレジットカードのショッピング枠は返還請求できる?


2010年6月以前に、クレジットカードのショッピング枠をリボ払いで利用していたという方もいらっしゃるかもしれませんね。
ショッピング枠のリボ払いも過払い金の返還請求ができるのか、気になるところではないでしょうか。

実は結論から申し上げてしまうと、クレジットカードのショッピング枠は過払い金請求ができないようです。

クレジットカードのショッピング枠利用分は「借金」ではなく「立替金」

クレジットカードのショッピング枠の利用分は、厳密にいうと借金ではなく、割賦販売契約における「立替金」となります。

お金を貸してもらっているのではなく、クレジットカードを発行している信販会社などが一時的に立て替えてくれているというイメージですね。
そのため、利息制限法が適用されないのです。

「でも、リボ払いの場合には金利手数料を払っているのだから過払い金請求ができるのでは?」と思った方もいらっしゃると思います。
しかし、クレジットカードのショッピング枠のリボ払いなどで取られている金利手数料は、利息という形ではなくあくまでも「手数料」として支払っているものということになるため、過払い金は発生しないのです。

クレジットカードのショッピング枠のリボ払いで取られるのは利息ではなくあくまでも手数料であり、借金ではなく立替金ですから、利息制限法に違反しているということにならず、過払い金が発生することはありません。
よって、過払い金の請求をすることはできないというわけなんですね。

なんだか納得できない!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、こればっかりは仕方のないことでしょう。

リボ払いのショッピング枠の利用は要注意!

もう過去に使ってしまったものに関しては仕方がありませんが、これからクレジットカードを利用する際にはショッピングのリボ払いには注意してください。
過払い金が発生する、しないという問題の前に、リボ払いの恐ろしさを知っておくべきでしょう。

リボ払いは月々の支払いが一定で低額なため、つい気軽に利用してしまう方も多いと思います。
しかし月々の支払いが少ないということは、元金がなかなか減っていかないということ。

返済に長い年月を要してしまいますし、最終的に多額の金利手数料を払うことになってしまいます。

そのうえ月々の返済が低額なため、自分が今どのくらいの借金を抱えていて、どの利用分まで支払い済みなのかという点が分かりづらく、つい次から次へと新しい買い物をしてしまうという恐ろしさもあります。
気付いたら、利用金額が100万円以上に膨れ上がっていた!などというケースも少なくないのです。

今後クレジットカードを利用する際には、基本的には金利手数料のかからない一括払いにするのが良いですね。
もしリボ払いを利用するとしても、長期間にわたって利用してしまうのは危険だと言えるでしょう。

目次に戻る

リボ払いの過払い金、クレジットカードでもキャッシング枠なら返還請求できるの?


クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。
クレジットカードのキャッシング枠は、手元に現金が欲しい時にカードローンなどの契約をすることなくお金を借り入れることができるため、便利に利用している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

では、クレジットカードのキャッシング枠の方は過払い金返還請求ができるのでしょうか。

クレジットカードのキャッシング枠は過払い金が発生している可能性もある

2010年6月以前、クレジットカードを発行している信販会社などでも、利息制限法の上限金利を超える金利(グレーゾーン金利)を取っていたケースもあります。

クレジットカード会社各社は2007年ごろから金利についての改定を順次行ってきたため、それ以前に使用したクレジットカードのキャッシング枠で過払い金が発生しているケースもあるでしょう。

ただしクレジットカードのキャッシング枠で2007年以前に借入をしていた場合、過払い金の消滅時効が最後の取引から10年ということを考えると、2018年の時点で過払い金返還請求できるかどうかは難しいところかもしれません。
クレジットカードのキャッシング枠の過払い金返還請求ができるかどうかを、過払い金に強い弁護士や司法書士などの専門家に相談をしてみたほうが良いかもしれませんね。

どちらにせよ、クレジットカードのキャッシング枠の過払い金請求をお考えなら、急いだほうが良さそうです。

クレジットカードのキャッシング枠の過払い金請求、デメリットはある?

クレジットカードのキャッシング枠の過払い金が返還されると嬉しいですが、実はいくつかのデメリットがあります。

過払い金請求をする前に、デメリットについても理解したうえで行うようにしましょう。

デメリットの1つ目としては、「今後そのクレジットカードが使えなくなる」という点が挙げられます。

キャッシング枠のみならずショッピング枠も使えなくなってしまうため、公共料金などを支払っている場合には別のクレジットカードや口座振替などにあらかじめ変更しておく必要があるでしょう。
ETCカードなどの付属カードも使えなくなってしまうため、その点も考慮する必要があります。
クレジットカードのキャッシング枠の過払い金請求を行っても別のクレジットカードを作ることは可能ですから、それで問題ないという方にとってはデメリットにはならないかもしれませんね。

デメリットの2つ目としては、「ショッピング枠に残高がある場合、ブラックになってしまう可能性がある」という点が挙げられます。

クレジットカードのキャッシング枠で発生した過払い金は、ショッピング枠に残高があった場合にはその残高と相殺されます。
ショッピング枠の残高よりも戻ってくる過払い金の方が多い場合には問題が無いのですが、ショッピング枠の残高の方が上回ってしまう場合、債務整理と同じ扱いになってしまうため、金融事故として信用情報機関に登録されることになってしまいます。
これはいわゆる「ブラック」の状態ですので、今後5年前後はその記録が消えず、カードローンやクレジットカードなどの利用が困難な状況に陥ってしまうのです。

せっかく過払い金の返還請求をしたのに、それが原因でブラックになってしまっては意味がありませんよね。
今後5年前後ローンを組めない可能性が高いとなると、人生設計に狂いが生じてしまう可能性もあるでしょう。

ショッピング枠の残高が多い場合には、キャッシング枠の過払い金の返還請求をする前に専門家に相談をした方が良いかもしれませんね。

目次に戻る

リボ払いで払いすぎてしまった利息(過払い金)を返還してもらって借金を減らそう


過払い金返還請求ってなんだか面倒そうだな・・・と感じた方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、過払い金を返還してもらうのは当然の権利ですので、やはり返還してもらわないのは損だと言えるでしょう。
数十万円単位などの過払い金が発生している可能性がある場合には、過払い金返還請求を考えたほうが良いと言えます。

なぜなら、戻ってきた過払い金によって借金を減らせる可能性があるからです。
もしかしたら、過払い金で完済できてしまうケースもあるかもしれませんよ。

ショッピング枠の残債が過払い金によって返済できないとブラックになってしまう危険がありますから、デメリットを理解したうえで行うようにしましょう。
自分で行うのはどうしても面倒で・・・という方は、弁護士や司法書士などの専門家に相談をするのがおすすめ。
とりあえず、過払い金があるかどうかの無料診断などを受けて見るというのも良いかもしれません。

過払い金の時効は10年です。
もしかしたら数十万円単位の過払い金が返還されるかもしれなかったのに、10年が経過してしまったために1円も戻ってこなかった・・・などということになってしまっては悲しいですよね。
ご自分に過払い金があるかもしれないという方は、早めに行動を起こしてください。

ただし先ほども申し上げたように、クレジットカードのキャッシング枠のリボ払いの場合、ショッピング枠の残債が過払い金によって返済できないとブラックになってしまう危険がありますから、デメリットを理解したうえで行うようにしましょう。

リボ払いの過払い金は返還請求できるのか?について見てきました。
リボ払いと言っても、クレジットカードのショッピング枠のリボ払いの金利手数料に関してはあくまでも手数料であり、ショッピング枠の利用分も借金ではなく立替金となるため、利息制限法は適用されません。

そのためショッピング枠には過払い金が発生しませんから注意してくださいね。
一方、クレジットカードのキャッシング枠のリボ払いならば過払い金返還請求ができる可能性があります。

ご自分に過払い金があるのでは?という方は、貸金業者から取引履歴を取り寄せ、引き直し計算をしてみることをおすすめします。

目次に戻る

※アコムの無人契約機むじんくんは年中無休ですが、年末年始期間は除きます。
【むじんくんの年末年始営業時間】
12/31(日)8時00分~18時00分まで
01/01(月)休業
※アコムは、12/31の18時以降、1/1についてはインターネットでの申込は可能ですが審査回答や契約の手続きは1/2以降となります。
※SMBCモビットの即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※SMBCモビットはアルバイト、パート、自営業、学生の方も借り入れできますが、その際は安定した収入があることが条件となります。
※株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です