主婦のリボ地獄体験談! リボ払いの末路と脱出方法

月々の返済額が少ない!
月々の返済額が一定で家計の管理がしやすいなどの点が魅力的に見え、どうしても惹かれてしまいがちなリボ払い。
しかし、リボ払いには危険な落とし穴が潜んでいます。

今回は、ある主婦のリボ地獄体験談から、リボ払いの危険性やリボ地獄からの脱出方法などをご紹介していくことにしましょう。

ごく一般的な主婦も陥ってしまう

「リボ地獄!主婦が告白するリボ払い体験談」

リボ地獄にハマった私…ごく普通な主婦でした…


私は都内に住む30代の主婦です。
2つ年上の会社員の夫と、幼稚園年中組の息子、小学校1年生の息子とごく普通に暮らしてきました。

住まいは数年前に購入したマンション。
現在住宅ローンを払っています。

子供たちが幼稚園や学校に行っている間、私はパートに出ています。
毎日仕事子育て家事に追われ、ストレスはたまる一方です。

子供たちは喧嘩ばかり、片づけても片づけても部屋は散らかり放題。
下の子は体力が有り余っているのか、毎日幼稚園から帰った後に公園に連れて行けとせがむので、のんびり休むこともままなりません。

夫は仕事から帰ってくるのが夜遅いので、子供たちの世話はすべて私一人で行っています。
正直、毎日ヘトヘトです。

リボ地獄体験談の目次に戻る

知らずのうち、リボ地獄へ


そんな私の唯一の楽しみが、スマホいじり。
スマホゲームで他のユーザーさんとコミュニケーションを取ったり、ショッピングをしたり。
もう、さっさと子供たちを寝かして、ネットの世界に入り浸っています。

住宅ローンもあるし子供たちの教育費も貯めていく必要があるから、しっかり節約しなきゃいけないということは百も承知です。
でも仕事や子育てのストレスに耐えられず、欲しかった服やバッグをポチってしまう毎日。
こんなに子育て頑張ってるんだし、このくらい使っても罰は当たらないはず。
子供たちもまだ小さいし、教育費はもう少し経ってから貯金し始めても遅くはないのでは・・・など、自分に言い訳をしながら無駄遣いを続けてしまいます。

そして時には、スマホゲームで多額の課金をしてしまうことも。
好きなキャラクターとのコラボイベントなんかがあると、どうしても我慢できないんです。

しかし、こんなどこにでもいるような主婦の私がまさかリボ地獄に陥るとは、思ってもいませんでした。
借金地獄なんて、ギャンブルにハマっているような人たちが陥るものだと思っていましたから。

私と同じようなごく普通の主婦やショッピングが好きなOLさんなど、借金地獄とは一見無縁の人たちも陥ってしまう可能性があるのが、リボ地獄です。
私のリボ地獄体験談をこれから詳しくお話していきますので、ぜひ参考にしてください。

リボ地獄体験談の目次に戻る

ついに、リボ地獄へ足を踏み入れ…借金総額がやばいことに!


買い物やゲームの課金はもっぱらクレジットカードの一括払いを利用していたのですが、ちょっと支払いがピンチかも? という月があり。
ネットで明細を見ていたら、後からリボ払いに変更できる事を知ったんです。
すべてのクレジットカードがそうではないかもしれませんが、私の使っていたカードは後からリボ払いに変更が可能だったんですよね。

落とし穴その1

リボ払いって、月の支払額が軽くなるし家計も管理しやすいとかいうじゃないですか。
そのクレジットカードのサイトにもそう書かれてあったので、このとき初めて、リボ払いを申し込んでみました。

落とし穴その2

リボ払いに変更した結果、高額の買い物をしていても、月々たったの数千円の支払いで済むように。
本当に手軽で、パート勤務でそこまで収入が多くない私にはぴったりの支払い方法だと思いました。

その分金利手数料がかかることは頭では分かっていましたが、月々の決められた返済額をちゃんと返済できてるわけだし、そのうち返済が終わるでしょ・・・くらいにしか思っていませんでした。

まんまと落とし穴にハマる

このとき以来、私はリボ払いのとりこに。
カードは2枚使っていたのですが、もう一枚のカードも、リボ払いに変更しました。

リボ払いは月々の返済額が少ないので、たくさん使っているという実感がわきにくいんですよね。
ストレス解消に買い物やスマホゲームでの課金を続け、気付くと1枚目のカードが限度額いっぱいになってしまっていました。

リボ地獄体験談の目次に戻る

そしてリボ地獄に堕ちる・・・無知な私がバカだった!


リボ払いは月々の返済額が数千円なので、いつ、いくらお金を使って、その分の返済がどうなっているのか、よくわかりませんでした。
でも、とにか毎月決められた額を払っていて延滞していないんだから、それで大丈夫なんだと思い込んでいました。

そして2枚のカードどちらも限度額いっぱいになってしまったので、もう一枚新たにクレジットカードを作成。
もちろん、返済方法はリボ払いにしました。

そして少し経った頃、ネットでカードの明細を見てびっくり。
なんと私の借り入れの総額は、3社で70万円まで膨らんでしまっていたのです。

ちゃんと返済しているのに、まさかそんなはずは・・・! と焦りました。
借金が膨らんでいるのに月々の返済額が少なかったので、結局は金利ばかり返済して元金が減っていなかったのです。

あまり気にしていなかったのですが、私の持っている3枚のカードのリボ払いの金利手数料は年15%もかかるようでした。

15%というのが一体いくらくらいになるのかということは知らなかったのですが、計算してみると私の借り入れ残高だと月に9,000円近く金利手数料を取られていることが分かり、愕然としました。

知らないということは恐ろしいことですね。
決められた手数料ですから、もちろん知らなかったでは済まされません。

リボ地獄体験談の目次に戻る

リボ払い地獄を描いた漫画でリボ払いの恐ろしさを理解


どうしてここまで借金が膨らんでしまったのかまだイマイチ理解できなかったため、ネットでいろいろと情報を検索していくうちに、リボ払いの恐怖について書かれた漫画に出会いました。
とても分かりやすく、私のお金の使い方はまさにその漫画の登場人物と同じでした。

そういうことだったのか…
返済しているからと安心しきって次から次へとカードを使っていた自分は、本当にバカだったと思います。

しかし、リボ払いの仕組みなんて普通は学校で教えてもらえるものではありませんし、この漫画の登場人物や私のように、リボ払いの恐ろしさを知らないで利用してしまっている人は、この世の中にたくさんいるのではないかと思います。

リボ地獄体験談の目次に戻る

これがリボ払いにハマった人の末路。自分を責める日々


やってしまったことはもう仕方がないですが、あまりの愚かさに自分を責めて過ごす日々でした。

なんてバカなことをしてしまったんだ。
返済出来ていれば何の問題も無いと思っていたのに、実際には金利手数料を返済しているだけで、元金自体はほとんど減っていなかったなんて。

なぜこんなことすら知らなかったんだろう? こんなに借金が膨らんでしまっては、自分のパート代だけでは返済できないのではないか。

母親なのに、何やってるんだろう。
これじゃ母親失格ではないか。
家族に顔向けできない…。
いろいろな思いが次から次へと浮かんできて、不安に押しつぶされそうでした。

でも、夫にはこのことは言えませんでした。
自分でなんとかしたい…でもどうやって?

毎日借金のことばかり考えて過ごす日々でした。
何をする気力も起こらず、自暴自棄になり仕事も手に付きません。
精神的にはもうどん底の毎日でした。

しかし、私には幼い子供がいます。
子供たちの前で、母親が暗い顔をしているわけにはいかないのです。
何とか気持ちを奮い立たせ、どうにかこの状況を切り抜ける方法を考えました。

リボ地獄体験談の目次に戻る

こんな私がリボ地獄を脱出できた理由


結論から申し上げると、私はこのリボ地獄を脱出することができました。
もちろん、まだ借金は残っていますが、雪だるま式に金利が膨らんでいくような状況からは脱出できています。

リボ地獄を脱出できた理由その①

リボ払いの借金地獄から脱出した方のブログがきっかけ
家族のためにも1日も早く何とかしなければ。
そう思った私は、借金地獄から這い上がった方たちのブログなどを読み漁りました。

そこで知ったのが、

「リボ払いによる借金をおまとめする方法です。」

他の金融機関でリボ払いの借金を1つにまとめれば、返済日も月1回にまとめることができますし、今よりも金利の安いところを選べば支払う金利の総額を抑えることができるらしくって。
これは、考えてみる価値があるのではないかと思いました。

おまとめのおかげでリボ払い地獄から抜け出すことができた!

そこで私は、おまとめローンができそうな金融機関を探すことに。
銀行カードローンで借り入れをして、借金をおまとめすることにしました。
カードローンは基本的に事業性資金でなければ使い道は自由なので、おまとめにも利用できるということを経験者の方のブログで知りました。

パートですしもともと借金があったのでおまとめできるほど枠をいただけるのか不安でしたが、なんとかカードローンの審査にも通り、
クレジットカード3社のリボ払いを一括で返済することができました。

返済日も1日にまとまったので、わかりやすくて返済計画が立てやすくなりました。

ですがもちろん、新しく借り入れた銀行カードローンの借金をこれから頑張って返済していかなければなりません。
リボ払いの金利手数料年15%よりも低い金利のところを選びましたが、月々の返済額が少なすぎると結局利息の総額が大きくなってしまうそうなので、多めに返済できる月には任意で多めに返済しています。

リボ地獄を脱出できた理由その②

日常生活で夫にバレない程度に、節約できるものはすべて節約しました。

今まで総菜やレトルト、冷食などを利用して手抜きで済ませていた食事も、安い食材を選んで手作り。
夫や子供にバレないように節約をするのは大変でしたが、身から出た錆です。

欲しいものはすべて我慢。
化粧品は100円ショップを利用する、子供たちの服はおさがりをいただくなどして何とか乗りきっています。

リボ地獄体験談の目次に戻る

リボ払い地獄は二度と繰り返さない


リボ払いによる借金を完済したら、もう二度とリボ払いは利用しない!

銀行カードローンで1つにおまとめすることができホッとしていますが、借金が無くなったわけではありません。
もう二度とリボ払いは利用しません。

リボ払いはクレジットカード会社が盛んにオススメしていますし、こんなに恐ろしいシステムだとは思っていませんでした。
高い勉強代でしたが、リボ払いの恐ろしさを今の時点で知っておくことができて、良かったのかもしれないと思うことにしました。

今手元にある現金だけで買い物をする。
おまとめに使っている銀行カードローンも、返済するためだけのものと考えています。

お金がピンチの時、このカードローンで借りてしまえば…
などと思ってしまうこともありますが、それをしてしまったらまた借金が増えてしまうので、なんとか誘惑を断ち切って頑張っています。

リボ払いはみんな利用している、一般的なもの、安全だというイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれませんけど、絶対にやめたほうがいいです。
月々の返済額が少ないと使っている実感が持てませんし、どうせ月に数千円払えばいいだけだという安心感から、どんどん使ってしまいます。
しかも元金がなかなか減っていきません。
それを最初から知っていたら、まず利用しなかったでしょう。

ですからみなさんも、リボ払いにはくれぐれも注意してください。

そして私のようにリボ地獄に陥っている方は、
金利の低いカードローンでおまとめをする方法を検討してみてはいかがでしょうか。

リボ地獄体験談の目次に戻る

くれぐれもリボ払いには注意しましょう!

主婦のリボ地獄体験談についてお話してきました。

リボ払いを利用すると、どんどんと利息がかさんでいってしまいます。
金利手数料は年15%前後のことが多く、利息を多くとられていることを忘れてはいけません。
そのうえ月々の返済額が少ないので、元金はほとんど減らず、いつまでたっても借金は無くならないのです。

消費者金融などでキャッシングをすることには抵抗があるけれどクレジットカードのリボ払いなら大丈夫だと思っている方も多いと思いますが、その考えは改めたほうが良いと思います。
どちらも金利が高く、借金であるということには変わりないのです。

数社のクレジットカードのリボ払いで借金が膨らんでしまっているという方は、金利の低いカードローンなどを利用して借金を1つにおまとめしてしまうことをおすすめします。

カードローンならば使い道は自由なので、ショッピング枠のリボ払いの返済にも利用することができ、おまとめとして利用することができます。
支払う利息の総額を少なくするためには、月々の返済をできるだけ多くするようにしていきましょう。

リボ地獄体験談の目次に戻る

※アコムの無人契約機むじんくんは年中無休ですが、年末年始期間は除きます。
【むじんくんの年末年始営業時間】
12/31(日)8時00分~18時00分まで
01/01(月)休業
※アコムは、12/31の18時以降、1/1についてはインターネットでの申込は可能ですが審査回答や契約の手続きは1/2以降となります。
※SMBCモビットの即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※SMBCモビットはアルバイト、パート、自営業、学生の方も借り入れできますが、その際は安定した収入があることが条件となります。
※株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です